恋愛コラムのカテゴリ

最新の恋愛コラム

恋愛コラムの月別アーカイブ

「さみしい」ときに反射的に感情を和らげる方法。

なんとなく「さみしい」という感情を抱いてしまうことがあるのが人間。

そんなときの「寂しさ」対処法を考えてみましょう。

『元気出そう!』と思えば思うほど、また逆に「さみしい」感情が増してくることもあります。

したがって、こうした状況の時は、身体に対して、「寂しさ」を和らげる対策をしてあげることが、自分の感情のケアになるでしょう。

五感を使った「寂しさ」の和らげ方

キモチよりも、カラダに働きかけるために、五感をフル活用しましょう。

光を浴びる(視覚)

よく言われることで、「朝起きた後に、日光を浴びるとシャキッとする」というのがありますよね?

つまり、日光浴をすることで、身体が活発になります。

気分が落ち込んでいる時も、昼間に散歩などをして、太陽の光を浴びるとそれだけで「さみしい」感情も和らぎます。

ノリのいい音楽を聴く(聴覚)

耳からも「明るさ」をもらうことができます。

それは、もちろん「ノリのいい」ジャンルの音楽です。

また、できれば、『仲のいい友人と共有した想い出』などを連想させる音楽が理想ですよ。

自分好みの匂いをかぐ(嗅覚)

鼻からの刺激も「寂しさ」を和らげるために効果的です。

アロマなどでも知られているとおり、匂いも心身をよくする効果がありますよね。

身体全身を動かす

頭を空っぽにする意味で、身体全体を使った運動もオススメです。

一人で体を動かすジョギングのようなものでもいいですし、チームで楽しめるフットサルのようなスポーツを行うのも効果的でしょう。

自分の言動をポジティブにする

自分の発する言葉に気を配ることも大切です。

もちろん、自分のしゃべる言葉は「ポジティブかどうか?」の部分ですね。

やっぱり、前向きな言葉を吐くことがプラスイメージを生みますから。

関連する恋愛コラム

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい