恋愛コラムのカテゴリ

最新の恋愛コラム

恋愛コラムの月別アーカイブ

女性が使う「告白を断る」定番のセリフ。

女性が使う「告白お断り」の言葉を考える。

女性が実際に「使う」、もしくは「使っていそう」な『告白お断り』のセリフの定番を考えてみます。

実際の細かいニュアンスは違ったりするかもしれませんが概ねこんな感じでしょう。

  • 友達としてしか考えられないの
  • ごめんなさい
  • 他に好きな人がいるの
  • 実は彼氏がいるの
  • ほんとにいい人なんだけど

女性がそのセリフを選んだ理由

ここでは簡単に、女性がその「断り」セリフを選んだ理由を考えてみます。

『友達としてしか考えられないの』

よく使われる定番の答え方ですね。

この言葉には「相手を傷つけないように」という優しさが見え隠れしていますね。

この断り方だと、告白の後もなんとか電話・メールをお互いが続けられるかもです。

『ごめんなさい』

告白には勇気がいるもの。

男性の勇気をわかっているからこそ、女性も"ストレート"に『断り』の表現をしたいのでしょうね。

そうした女性が告白を断るときに使う表現です。

『他に好きな人がいるの』

これも定番。

男性的にはこれを言われると諦めやすいかもしれません。

また、女性的にも、この言葉を選ぶと、相手の男性を傷つけずに友達関係も継続できそうです。

『実は彼氏がいるの』

このセリフも使われやすいです。

実際に彼氏持ちの女の子にとっては「事実を伝える」という側面がある一方で、恋人なしの女の子にとっても使いやすいからでしょう。

『ほんとにいい人なんだけど』

男性的に、この言葉は若干諦め切れない気持ちを作ってしまいます。

なので、男女ともにもやもや感を抱えた気持ちを引きずる言葉ですね。

関連する恋愛コラム

関連リンク

ブログパーツ

あわせて読みたい